嘔吐処理剤サットクリーンの使い方

  1. サットクリーンを嘔吐物にまんべんなく十分ふりかけます。
    サットクリーンをふりかける
  2. すぐにパウダーが吸水を始め、1分ほどで嘔吐物がパサパサになります。
    また同時に、ニオイも消臭します。
    サットクリーンが固まる
  3. あとは、ティッシュペーパーや新聞紙などで拭き取るか、ほうきなどで掃き取ってください。
    掃除機を使う場合は、たまったゴミをすぐに処分してください。
    サットクリーンを集める

コンパクトな嘔吐処理キット

ハーパーベンソンでは、嘔吐処理に必要なツールをコンパクトにまとめたキットを販売しております。

コンパクト嘔吐処理キット塩素剤入り

冬季(10月~1月)はノロウイルスに注意!

冬季の嘔吐や便にはノロウイルスが大量に含まれている恐れがあります。

集団感染を防ぐために、下記の点にお気をつけ下さい。

サットクリーンをかけすぎない

粉末が飛散して、ウイルスを余計に拡散させる恐れがあります。

なるべくレンゲ2杯程度の少量で処理してください。

必ず殺菌・消毒する

サットクリーンはノロウイルスを死滅させるものではありませんので、塩素か高温のスチームなどで必ず消毒してください。

掃除機を使わない

固めた後のサットクリーンを集めるときに掃除機を使うと、排気と一緒にウイルスが拡散する恐れがあります。

 

↓詳しくはこちらをご参照下さい

 

処理のコツ

もっと素早く処理するためには

サットクリーンを対象物に混ぜながら処理すると、よりスピーディーに処理できます。

コーヒー・お茶など、シミが残る場合

コーヒー・お茶など色の濃い飲み物や、多少時間が経過しシミになった場合は、水で希釈した中性洗剤を多めにかけて、ブラシなどで汚れを浮かせてからサットクリーンをご使用下さい。

ご注意

  • 風などでサットクリーンが飛散しないよう注意してご使用下さい。
  • 毛足の長いカーペットなどで少量のサットクリーンが残る場合は、乾燥した後、掃除機などで簡単に取り除けます。
  • 開封後も、必ず内パッキンを装着してフタを閉めてください。
    吸湿性が非常に高いので、空気中の水分を吸って固くなる場合があります。
  • 使用後、本剤をトイレなどに流さないで下さい。
  • 高温多湿、直射日光を避け、幼児の手の届かない場所に保管してください。
  • 本剤は食べられません。