セルアシストは、生鮮品の鮮度劣化を抑えるための「鮮度保持シート」です。 野菜・果物・きのこ類などの運搬時、保存時に、下に敷くことで、下記の作用で鮮度劣化を最小限に抑えます。

鮮度劣化の要因をストップ

カビ・細菌の抑制

カビ

セルアシストは、細菌やカビなどが繁殖しにくい環境を作ります。 細菌などのバクテリアが食品に付着し繁殖することを抑止します。

エチレンガスによる老化

エチレンガスによる老化

食品は、エチレンガスなどを放出しながら、吸収することで老化が進行します。 セルアシストは、エチレンガスの影響を低減することで、老化の進行を抑えます。

鮮度保持テスト結果

こちらは、セルアシストを使用した場合の鮮度保持テストの写真です。

しいたけ キャベツ 巨峰

常温保存9日後
しいたけの鮮度保持
黒変カビを防ぎます。

常温保存4日後
キャベツの鮮度保持
色が薄くなり、芯が褐変するのを防ぎます。

常温保存5日後
ぶどうの鮮度保持

軸枯れ脱粒を防ぎます。

大葉 れんこん みつば

冷蔵保存9後
大葉の鮮度保持
褐変を防ぎます。

常温保存5日後
れんこんの鮮度保持
穴の中の褐変を防ぎます。

常温保存9日後
みつばの鮮度保持
とろけ(黒変しどろどろになる) を防ぎます。

鮮度保持のメカニズムについて

セルアシストは、通常の鮮度保持剤と少し異なる視点で、生鮮品の鮮度を保持します。 詳しくは企業秘密なのですが、こちらにハーパーベンソンの鮮度保持の考え方について説明しています。

鮮度保持 採用実績

セルアシストの商品形態

鮮度保持剤セルアシストは、紙に鮮度保持成分を塗布しています。
鮮度保持剤塗布面と印刷可能面の違い通常は、「片ツヤ晒クラフト紙70g」のザラザラ面に成分を塗布しています。
裏のツヤ面にはコピー機やオンデマンド印刷による印刷も可能ですので、鮮度保持効果を持った取扱説明書として同梱することも可能です。

セルアシストの使い方について

セルアシストは、主に輸送時の鮮度劣化を防ぐために使用されている鮮度保持シートです。 鮮度保持の方法ダンボールや木製の箱の、底の部分に敷く、または青果物の上にかぶさるように敷いて使います。

上と下に1枚ずつ、青果物を挟むように入れたり、青果物を包むと、より高い鮮度保持効果を発揮します。 シートから溶出する物質はありませんので、野菜などに直接触れても問題ありません。

↓詳しい使い方はこちらをご覧下さい

セルアシストの鮮度保持効果について

効力有効期間は約3年間ですが、使用時に水分を吸収すると効果がなくなりますので、基本的には1回使用したら処分してください。 次のような条件化では効力を発揮できない場合があります。

  • 収穫後、生産者が湿度調整を行なったり、収穫日の気象条件の差異により植物細胞にダメージがある場合
  • 予冷品を常温下に長時間放置するなど、急激な温度変化により細胞がダメージを受けているような場合
  • 輸入食品など薬剤使用により細胞が死んでいる場合
  • 収穫後、市場への出荷が遅れて出された生産物の場合 など

鮮度保持材セルアシストの購入について

業務用途で採用を検討される場合は、産物の生育条件や輸送条件などにより、効果が発揮できない場合もございますので、適正な実験を行って下さい。

試験用サンプルは、弊社ネット通販でご購入いただけます。

※大量ロットでご購入される場合は直接ご連絡下さい。